<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上

ダイエットをする際には出来る限り予め来ておいた時間に食事をするようにして、朝食を抜くことのないようにしましょう。
食事をしないと、脳というのは飢餓状態だと勘違いをしてしまい代謝の妨げとなってしまうのです。質の良い食事は、健康的なダイエットを実践する時には欠かすことが出来ません。
身体の中から健康にすることで、基礎代謝が向上することとなり、その結果「太り難い体質」を作ることが出来るのです。体重を減少させることばかりを考えていますと、食事を抜くような無茶なダイエットを実施してしまう人が多くいます。
無茶した反動からリバウンドが起こったりして、根本的な体質改善にもならずに、栄養付属から健康までも害してしまう恐れもあるのでご注意ください。 残念なことですが、美容エステや美容クリニックの中には法外な料金を請求してきたり免許無しで営業をしていることもあります。
これら悪質な店舗で施術を受けてしまうと、後々トラブルに巻き込まれてしまうこともあるのでご注意ください。

定年退職 記念品
http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/
定年退職 記念品の案内



<お役立ちメニュー>身体の内側から健康にすることによって基礎代謝が向上ブログ:2021-05-31

こんばんわ

減量を行う場合、
食事制限をして
摂取カロリーを減らすわけですが…

中の食事の大原則として
炭水化物から減らすのではなく、
まずは、脂質を減らしていくことが鉄則です。

脂質はカロリーが高い栄養素。
1gのカロリー量が9キロカロリーもあるのです。

炭水化物とタンパク質は1g、4キロカロリーですので、
脂質は約2倍もカロリーが高いことになりますね。

食事のカロリーを減らして行く場合、
脂質をカットするためには、
揚げ物など、脂質の多い食事を摂らないようにしましょう!

これは減量の基本中の基本ですね。
でも出来ていない人が多いのですが…

連日の食事から脂質をカットするだけで、
大抵の人が連日500kcal以上も減らすことができ、
体重は徐々に落ちていくのです。

なので、減量中は、
まずは脂質からカットして、
摂取カロリーを減らしていくようにしましょう。

そして体重が落ちなくなったら、
そこで初めて、炭水化物の摂取量を300kcal程度減らします。

これで、また体重が落ちはじめ、
また体重が落ちなくなったら300kcal程度減らすようにして
摂取カロリーを徐々に減らしていく…

これが
減量中の理想的なカロリーの減らし方なのです。

ただし、
脂分でも良質の脂分は定期的に摂るようにしましょう。
良質な脂分とは、魚に含まれる脂肪分です。

魚の脂肪分は、
同じ脂質でも肉体に蓄積し難いという特徴を持っています。

特に鮭には
体脂肪減少効果のある脂肪酸が多く含まれているので、
減量にとっても役立つ食材なんですよ。

・・・と、書いてみるテスト